ご挨拶

当社は、エンドユーザのシステムを開発するプロジェクトを支える開発者のために開発手法(ノウハウ)を提供しております。

これまでの開発プロジェクトでは、さまざなな開発手法が採用されておりますが、それらのレガシーなスタイルとしてのウォータフォール開発はもとより、アジャイル開発、スクラム開発等のノウハウの提供やシステムのデザイン情報を管理し、開発プロジェクトに標準化を徹底させることを得意としております。

新しい情報技術が開発されていく状況下では、開発者の立場に立って
適切な情報管理と開発手法の確立に日々取り組んでおります。